【不動産投資】滝のような漏水事件発生!3フロアにわたり水浸し!

不動産投資

こんにちは!エイトです。今回は現物の不動産投資の実態シリーズの第一弾です。たまにTwitterでも呟いてますが気になる方はフォローしてみてください。僕は一棟マンションに投資しているのですが、これが結構大変なのです。不動産が金融商品ではなく入居者様あっての商売なので不労所得とはなかなか言えません。

天井から水が落ちてくる

夕方に管理会社から6階にお住まいの住人から天井、壁が水浸しとの連絡が入ったとのこと。ウチの管理会社が向かいましたが中は結構ひどいとのこと。ここで僕も駆けつけましたが、玄関の外の共用部分にも水がはみ出し階段から水が流れ出していて一階まで滝のように水が滴り落ちています。

上の上の階が漏水原因箇所。

管理会社と共用部分のパイプスペースを見て原因をつきとめていくと8階の部屋が漏水原因箇所だと判明。室内からの水漏れと思われるが8階の中の人は不在です。電話にも出ません。

「これは7階のお部屋はプールのようになっているのでは?」

と7階の人も不在で連絡を試みるも出てくれません。

ここでひとまず、僕は他の仕事もあるので管理会社の方々に任せて退散。

こういう時はオーナー側ができることは保険会社へ事故があったと伝えることくらい。。当方のマンションの過失による漏水だと被害額はなかなかのものになるなぁと計算していました。まずは配管の修理。コンクリート内部なら大掛かりになる。8階、7階は床の張り替えに壁紙の張り替え。6階も天井、壁の張り替え。後は各自の家財の賠償。。住めないほどの被害になっているなら、その間の住宅の確保。

僕自身、気が気じゃありませんでした。

原因判明

夜の7時半頃に管理会社より連絡あり。原因がわかったとのこと。完全に8階の住人の過失だったとのこと。もろもろあったようですが、簡単に言うと結果的に水の出しっ放しで出かけてしまっていたとのこと。そして7階の住人の方も帰ってきて中を見ると水浸しの被害。管理会社5名ほどで水のかき出し作業をしていただきました。管理会社様様です。

7階の住人のかたはご自身の家財も水に濡れていて、水をかき出し終えても、フローリングは足で体重を乗せると水が溢れ出る状態。そこで助かったのは一つ改装したばかりの空室があったので、そこの募集を止めて一時非難してもらうことにしました。マンションの過失ではありませんが、被害に遭われた住人の方の利便性を最優先です。

その後の不安

原因となった8階の入居者が保険に入っているかが1番の問題です。原因が入居者である以上、原則入居者の方の保険を適用することとなります。8階の方はかなり長期間お住まいの方で、保険契約しているか曖昧とのこと。今の管理会社になってからはきっちり入居者の保険のことも管理してくれているようですが、8階のこの方は現在調査中とのこと。

保険がない場合はかなりの被害額になるので結局、入居者にお金の余裕がなければこちらの方から出していくような形になるだろうなぁと覚悟をしだしております。最悪こちらの保険が使用できたら良いのですが、保険会社に問い合わせ中です。。もし入居者が無保険でこちらの保険もおりなければ。。ゾッとします。

まぁこういうことは、不動産投資を行う上で想定上のリスクなのでしょうがないと割り切りますが、自分がコントロールできない事象が起こるとやはり心労がかかってきますね。管理会社の方々のおかげでこの事業が成り立っています。本当に感謝です。

入居者の方も、管理会社の方も皆が上手くいくよう三方よしで解決に向けて行けたら良いなと思っています。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました