Amazonベストセラー1位!「ゴールド投資」を読んで。

ゴールド投資

こんにちは。虚弱体質投資家のエイトです。本日はYouTubeでも大ヒットしている投資系ユーチューバーの高橋ダンさんの『ゴールド投資』を読んだので僕の感想を書かせていただきます。

金(ゴールド)投資についてこれ一冊で深く学べる

この本では金の歴史から具体的な投資方法まで深く学ぶことができます。しかも高橋ダンさんという方はウォール街で働いていた日本とアメリカのハーフの方で言語は英語の方が得意なのに、とてもわかりやすく書かれていて驚きました。とても読みやすいので1から金投資を学ぶには最適かと思いました。

僕は元々「金投資」が好きです。10年以上前から投資しています。僕が金を好きな理由の一番は「この世に金は一定量しか存在しないから」です。この点で言えばビットコインのデザインもそうなっているので好きです。高橋ダンさんも同じような理由を書かれていて自分の投資手法の確認にもなりました。

超カリスマ投資系YouTuberが教える ゴールド投資――リスクを冒さずお金もちになれる方法 | 高橋ダン, 伊達直太 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonで高橋ダン, 伊達直太の超カリスマ投資系YouTuberが教える ゴールド投資――リスクを冒さずお金もちになれる方法。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

ゴールドの金融市場暴落時の強み

僕がゴールドを好む理由は、高橋ダンさんと同じで暴落時に強いからです。コロナショックの時でも約11%ほどしか下落せず、その後すぐに回復し急上昇したのはご存知の通りかと思います。いつ起こるかわからない金融市場の暴落の保険(ヘッジ)になってくれます。

そして前述したように金は一定量しか存在しないので、お金(マネー)の量がどんどん増える昨今の市場を考えると一定の価格を保ちながら徐々に値を上げてくれているイメージを個人的に持っています。ここ5年ほどの時間軸ではインフレヘッジをしながら、言い方を買えると資産を増やしながら保険をかけている感覚になっています。

ゴールドは利息を生まない

とはいえゴールドは主に装飾品に使われるコモディティで配当を生んだり利息を発生させたりしてくれません。投資の神様、ウォーレンバフェット氏もそのような理由でゴールドは投資対象ではないようです。しかしこの本ではバフェットが金鉱山会社の株を買ったことを引き合いに出していましたが、最近の発表ではバフェット氏率いるバークシャーハザウェイはこれを全て売却したようです。投資の神様は今後世界はゴールド投資を必要としないほど景気が良くなると考えているのかもしれません。伝染病の蔓延の終焉とともに溢れるマネーで好景気に湧き株式市場は高騰し続ける公算が大きいのかもしれません。

それでもゴールド投資は必要

僕は金投資でお金儲けをしようと思っていません。あくまで貨幣としての歴史と信用度が高いので市場の暴落の時のために保有しておく商品です。有事の時の金。という言葉もあるように、僕の資産を守ってくれる存在として、一定の割合でポートフォリオに加えておきます。僕の場合は10%から20%を考えていますが、金融市場の崩壊が近いと感じたらこの比率は増やします。

資本主義システムの崩壊??

これは本では書かれていませんが、僕は最近、資本主義システムの崩壊について考えることも多くなりました。そんなことあるわけないと思われる方が多いと思いますが、リスクとして頭に入れています。最近はお金、円やドル自体も電子化されています。電子決済システムやインターネットバンキングで現金を使用する頻度はここ数年で著しく減りました。マネーもリーマンショックからコロナショックを通してどんどん増えています。新聞の記事で目に止まった内容があります。それは太陽のフレアの磁場?によってデータ管理されているサーバーが誤作動を起こすといったような記事でした。僕はあまりその辺に詳しくないので詳細に説明はできませんが、その記事が警告していたことが不測の自体で電子化されている資産の管理、プライバシーの管理が脅かされる可能性もあるかもしれないとのことだったと思います。記憶がうる覚えで申し訳ないですが。。

万に一つでも、磁場に限りませんが、そういうリスクがあったのなら、その時に自分を守ってくれる資産は現物の資産になると思います。

僕の金への投資の仕方

この本では数種類のゴールドへの投資の仕方が書かれていましたが、僕が実践しているのは

  • 現物金投資
  • 金ETF投資

の2種類です。前述したように資本主義システム崩壊に備えた現物での金投資。と後はお手軽なETF投資です。

現物の金投資のデメリットは手数料や保管の問題ですが、安心料として投資しています。

ETFは僕はずっとGLDという商品に投資していますがIAUという商品の方が管理費用が安いようです。そして最近知ったのですがGLDMという商品が出ていてかなり管理費用が安くなっていて、ステートストリートという大きい会社の商品で運用額もそれなりに大きいのでこちらが良いように感じます。

まとめ

この高橋ダンさんの本を読んで自分の金への投資の仕方が確信に変わるような感覚を持ちました。貴金属についての知識を深めたい方にとてもおすすめの本です。そして高橋ダンさんのYouTubeも勉強になるのでオススメです。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました