【米国高配当株ETF】に投資した結果。一生保有できる!?FIREするための心強い味方SPYD

ETF

こんにちは!虚弱体質投資家のエイトです!スギ花粉は大分関西は収まってきましたね。後はヒノキと戦います!笑 今日も気持ちは元気にやっていきます!

米国高配当株ETF、SPYDに投資しています。

僕は株に関しては高配当バリュー株投資とインデックス投資をメインに投資を行っています。

今回、その主力ともなっている投資先、SPDR® Portfolio S&P 500® High Dividend ETF(ティッカーシンボルSPYD )から配当金が入ったので、これを機会にこの商品の紹介をしたいと思います。

SPYD とは

  • 運用会社はステートストリート。世界三大ETF会社の一つなので安心感のある会社の商品。
  • 設定日は2015年10月とまだ若い商品。
  • アメリカの市場、S&P500の中から利回りの高い企業80社に投資。
  • 2021年3月現在、Yahoo!Finance表示で利回り4.43%。
  • 経費率は0.07%。安い!
  • 配当時期は四半期ごと

たった0.07% のコストで定期的に銘柄をメンテナンスしてくれる高配当ETFは最高だと感じます。自分でやる手間を考えるとアメリカのETFは本当に優秀。

SPYD 投資先比率

投資セクター比率
金融23.63%
不動産18.32%
エネルギー14.61%
公共事業13.06%
情報技術6.67%
コミュニケーション6.31%
生活必需品5.28%
素材4.95%
一般消費財3.88%
ヘルスケア3.29%

以上が投資先セクター割合です。金融と不動産が多いのが気になるところですので、僕は他のアメリカ高配当ETF、HDVと組み合わせて購入しています。SPYD とHDVは相性が良い気がしています。

SPYD 保有銘柄トップ5

Hanesbrands Inc.1.49%
Hewlett Packard Enterprise Co.1.48%
ConocoPhillips1.45%
People’s United Financial Inc.1.45%
HollyFrontier Corporation1.43%

SPYD は保有銘柄80社に均等に投資するようデザインされているので銘柄のトップ等は関係があまりないですね。その時々の株価で少し金額が上下するので現在、上の表のようなランキングとなっています。

僕の投資実績

僕がSPYD に投資参入することを決めたのはコロナショックで株価が落ち着いた頃でした。

僕が買った価格は4月頃から徐々に買い始め、平均28ドルくらいで現在保有しています。なので現在、SPYD の株価値上がりの含み益は40%ほどになっています。これにプラス配当金の4%以上を含むと年間のリターンはえらいことになります。嬉しいことです。

高配当株投資はインデックス投資と違って、購入のタイミングが非常に重要です。

毎月積み立てをするような投資の仕方では上手くいかないと僕は思っています。

安い時に買ってがっちり保有し続けることが大切だと思います。高配当銘柄、バリュー銘柄は成熟したおじいさん企業が多いので急激な株価の上下はなかなかありません。なので高値掴みをしてしまうと一度値を下げてしまうとなかなか戻ってくれないことも多々あります。

なので安いタイミングを見て10年20年と安定した運営が見込める企業に投資し、配当金(インカム)を得ながら世界のインフレについていきジワジワと株価も上がっていくようなそんな投資の仕方が一番だと思います。

グロース株のように瞬時に大儲けはできませんが、比較的、安心で安定的に資産を増やしていけることが高配当、バリュー株投資の良いところです。

まとめ

以上がspydの詳細と僕の投資成績です。この商品はまだ運用期間が短いですし、不動産と金融セクターが大きい比率を占めているので景気の浮き沈みに影響を受けやすくなっているので他の高配当ETFと組み合わせてリスクヘッジしながら投資していくのが良いのではないかと感じています。実際僕はそのように投資しています。

一度良い時期に購入できるとアメリカが経済的に前向きな限り一生持っておきたいETFとなってくれる可能性があると思っています。安定的な配当は心の安定にもつながりますし、キャッシュフローを改善してくれます。老後やFIRE時に良いのでは。と個人的に思っています。

また、他の高配当株投資についても今後書いていきたいと思います。よろしければツイッターのフォローもよろしくお願いします。最新情報を呟いています。

高配当株投資の参考になる本の紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました