1億円!?ビットコインどこまで上がる?【仮想通貨】

仮想通貨

こんにちは!虚弱体質投資家のエイトです。熱はないのに熱っぽい1日ですが、気持ちだけは元気にやっていきます。

1ビットコインはこの10年で1億円になる?

ブルームバーグのインタビューで暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケンの最高経営責任者(CEO)として、ジェシー・パウエル氏はこの10年でビットコインは100万ドル(約1億円)に達すると答えました。

ビットコイン、次の10年で100万ドル到達も-取引所クラーケンのCEO
暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケンの最高経営責任者(CEO)として、ジェシー・パウエル氏は当然ながら仮想通貨ビットコインの先行きに強気な見方だ。しかし同氏の描く未来は、かなり熱狂的な仮想通貨ファンでさえ想像できないほどスケールが大きい。

個人的にはこの人のポジショントークということもあると思うので話半分に聞いていますが、あながち完全に否定はできないと思っています。その理由は二つあります。

1.ビットコインにはゴールド同様の上限数量が設計されていること。

2.今後ビットコインのイベントが控えていること。

ビットコインはゴールドの代わりになる?ドルの代わりになる?

ビットコインは実物資産ゴールドと同様に埋蔵量に上限ができるよう設計されています。

ビットコインはブロックチェーン技術によって成立しています。ビットコインは決済手段として今後使われていく可能性もあります。

テスラやペイパルは、実際にビットコインなどの仮想通貨で決済するよう発表しています。

ペイパル、約2900万の加盟店で暗号資産決済を可能に | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン
米決済大手ペイパル(PayPal)は30日、約2900万の加盟小売店で暗号資産(仮想通貨)による決済サービスを始めると発表した。 ユーザーは店舗で決済する際、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)をクレジットカードやデビットカードと同じように利用すること...

個人的な意見としては、ゴールドは実物の裏付けがある分、信頼性は段違いでビットコインよりあります。しかし、ビットコインが現在上昇し続け、ゴールドの価格が緩やかに減少しているのは、ビットコインの将来性への期待と投機的なマネーの流入だと感じています。僕はもう少し時間をかけてシステムの安定を観察してみないと歴史あるゴールドの代替投資先としてはまだまだ考えづらいのが正直な意見です。

ブルームバーグの記事の中でジェシー・パウエル氏は「真の信奉者が語るには、ビットコインの行き着く先は月や火星であり、最終的には世界の通貨だ」と語っているようですが、国が裏付けとなるドルにビットコインが代わる未来に関しても、今後のビットコインなどのシステムの安定を観察しないとなんの裏付けもない仮想通貨がとって代わるとは思えないのが現状です。

僕は今後のイベントに期待してビットコインは保有し続ける

ビットコインが将来1億円になると強気な発言はできませんが、僕はビットコインを2020年から保有しており2021年現在のビットコイン価格は購入価格の5倍以上で推移しています。一部利益確定しましたが、残った分は10年単位の長期で持っておくつもりで保有しています。

売らずに持つ理由は、ビットコインが株、債券、ゴールド、不動産などの資産クラスの中で一定の地位を築く可能性があると思っているからです。

直近で控えているビットコインに関するイベントはコインベースの上場です。

米コインベース、4月14日にナスダック上場──時価総額は11兆円超の予想 | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン
暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する米コインベース(Coinbase)は4月1日、14日にナスダックに上場すると発表した。また6日に1〜3月月期の決算報告会を開催し、2021年の見通しを発表する。 上場時の株価は300ドル〜350ドルで推移すると予想され、同社の時価総額は約1000億ドル(約11兆円)になると見られてい...

ここに向けてビットコインの注目は高まっていると思います。

更に期待するイベント、アメリカでビットコインのETF誕生!?

アメリカの資産運用会社フィディリティはSEC(米証券取引委員会)にETF(上場投資信託)の承認申請を行いました。

米フィデリティ、ビットコインETFに進出か | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン
米資産運用大手フィデリティ・インベストメンツ(Fidelity Investments)のチーフストラテジストが運用責任者を務める「ワイズ・オリジン・ビットコイン・トラスト(Wise Origin Bitcoin Trust)」が24日、SEC(米証券取引委員会)にETF(上場投資信託)の承認申請を行った。 申請による...

もしこれが承認されれば、一つの資産クラスとして僕を初め、個人投資家も、ファンドマネージャー、機関投資家もポートフォリオの一定の割合でビットコインを組み込んでいく未来が今より更に想像しやすくなります。

僕のポートフォリオ:ビットコインに関して

結論から言うと、僕のポートフォリオとしてはビットコインは1%から3%の間で保有し続けます。もし今持ってなかったら1%くらいの割合で組み込むと思います。

値動きの激しい投機的な投資という側面はまだビットコインや仮想通貨からは払拭できません

なのでそれくらいの比率で保有することがリスク管理上適切に感じています。ただその比率で持っていても値上がった時のインパクトが強いのでポジションをどうするか考えさせられます。

ビットコインや仮想通貨はリスクがあります。国によっては自国通過の保護のため、取引禁止が起こる可能性もあります。ETFとして承認されるかもわかりません。仮想通貨を破壊するような技術的なイノベーションが更に起こる可能性もあります。

自分のポジションと仮想通貨のポジションとをよく照らし合わせ適切に付き合っていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました